無線LANのメリットや運用の注意点、電波や規格などの用語、要件定義や基本設計から
設定・構築・テストにいたるまで、たくさんのことをまとめています。
さらに、Arubaの機器を中心とした無線LANの設計と設定を解かりやすく解説しています。

カテゴリ:7.端末の設定 > 7-1 Windows端末

端末(PCやタブレット)は、どうやってAPに接続するのか。
まず、接続可能なAPを探す必要があり、その方法は2つある。①Active Scanと②Passive Scanである。①は自発的に探しに行き、②はAPからメッセージを受動的に受け取る。詳しくはActive ScanとPassive Scanの記事を確認いただきたい。
以下のように、Windowsの画面右下の無線のアイコンをクリックすると、接続可能なAPのSSID一覧が表示される。
aplist

















以下は、「コントロール パネル」「ネットワークとインターネット」「ワイヤレス ネットワークの管理」の画面であり、ここでは設定したSSID一覧が表示される。Windowsの場合、この順番が接続の優先順位になる。
wlan












また、同じSSIDの中でどのAPに接続するかは、最も電波が強いAPに接続する。
AP側でチャンネル設定することも、チャンネルを意識することもない。
また、より強い電波を感じたら、自動的にそのAPに接続する。これにより、APの障害やローミングにも対応できる。

Windows7における設定を紹介する。とても簡単である。


設定画面を開く
「コントロール パネル」「ネットワークとインターネット」「ネットワークと共有センター」「新しい接続またはネットワークのセットアップ」「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」より、無線LANの設定を行う。

無線の設定を入れる

wlc2























・ネットワーク名:SSIDを入れる。当然ながら、AP(またはWLC)のSSIDと合わせる。
・セキュリティの種類や暗号化の種類、セキュリティキーも当然ながらAP(またはWLC)と合致させる。
以上です。

自動で接続される
少し時間がかかるかもしれないが、接続されると、画面右下の時計の横に、接続されたアイコンが表示される。
pc2



場合によってはなかなかつながらない、そんなときは上記のアイコンをクリックして無線LANの状態を表示する。接続を押して手動での接続も可能。
pc

Case 無線LANのアダプタが無効になっている
 「コントロール パネル」「ネットワークとインターネット」「ネットワーク接続」において、ワイヤレスネットワーク接続のアダプタが「無効」になっている場合。
pc2










画面右下(時刻の左)のネットワークのアイコンは以下のように「未接続」になる。
pc1



Case 無線LANスイッチがOFFになっている
 最近のPCには、無線LANのスイッチなるものが本体についている場合が多い。それが、持ち運びの際に触れたりするなどしてOFFになっていることもある。
1) ディスプレイの上部にあるスイッチ(写真はLenovo)
lenovo









2) 本体の前面にあるスイッチ(写真はDell)
dell









スイッチがOFFになっているときの画面表示は以下。
pc3









pc4





Case サービスが起動していない
 確率としてはかなり低いが…。
[コントロール パネル][システムとセキュリティ][管理ツール][サービス][WLAN AutoConfig]が起動しているかを確認しよう。
pc5

CAの証明書がすでにインストールされていることとする。(別途執筆予定)

①コントロールパネルの「ネットワーク共有センター」から、「ネットワークに接続」をクリックする。
名称未設定 1




②接続オプションで、「ワイヤレスネットワークに主導で接続します」を選択。
名称未設定 1



③ネットワークの情報で、SSID、セキュリティの種類に「WPA2-エンタープライズ」、暗号化で「AES」を選択。セキュリティキーは空欄でOK。
名称未設定 1















④プロファイルの追加後、「接続の設定を変更します」をクリック。
名称未設定 1





⑤セキュリティタブで、ネットワーク認証方法の選択を「Microsoft 保護されたEAP(PEAP)」を選択、「設定」をクリック。
名称未設定 1












⑥「サーバの証明書を検証する」にチェックがあることを確認し、インポートしたCA証明書にチェックを入れる。
認証方法を選択するで「セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2」を選択し、「構成」をクリック。
名称未設定 1



















⑦チェックをはずしておく。ここでチェックが入っていると、ログオン時のユーザ名・パスワードが自動的に使われてしまう。そのため、ドメイン参加していないPCだと認証に失敗してしまうからだ。
名称未設定 1






⑧ワイヤレスネットワークのプロパティまで戻り、「詳細設定」をクリックする。
認証モードの指定で、ユーザ認証を選択する。
名称未設定 1






設定は以上である。設定が終わると、タスクトレイに通知が表示されるので、クリックしてユーザ名とパスワードを入力すれば接続できる。
名称未設定 1









※おまけ。作成した無線LANプロファイルを作成する方法。
いろいろ設定してわけがわからなくなってしまったら、いさぎよくプロファイルを削除したほうがよい。
名称未設定 1



コマンドラインから、「netsh wlan delete profile プロファイル名」で消せる。




CAの証明書がすでにインストールされていることとする。(別途執筆予定)
クライアント証明書もインストールされていることとする。

①コントロールパネルの「ネットワーク共有センター」から、「ネットワークに接続」をクリックする。
名称未設定 1




②接続オプションで、「ワイヤレスネットワークに主導で接続します」を選択。
名称未設定 1



③ネットワークの情報で、SSID、セキュリティの種類に「WPA2-エンタープライズ」、暗号化で「AES」を選択。セキュリティキーは空欄でOK。
名称未設定 1















④プロファイルの追加後、「接続の設定を変更します」をクリック。
ここまではPEAPと同じである。
名称未設定 1







⑤セキュリティタブで、ネットワーク認証方法の選択を「Microsoft スマートカードまたはその他の証明書」を選択、「設定」をクリック。
名称未設定 1


















⑥「このコンピュータの証明書を使う」「単純な証明書の選択を使う」を選択。
「サーバの証明書を検証する」にチェックがあることを確認し、インポートしたCA証明書にチェックを入れる。
「この接続で別のユーザ名を使う」をチェック。

名称未設定 1






















⑦ワイヤレスネットワークのプロパティまで戻り、「詳細設定」をクリックする。
認証モードの指定で、ユーザ認証を選択する。
名称未設定 1







設定は以上である。タスクトレイの無線アイコンから、SSIDを選択する。
名称未設定 1









証明書の選択画面が出るので、利用する証明書を選択すると、接続できる。
038



ワイヤレスアダプタの設定で、細かな設定が行える。
実際に設定することは少ないかもしれない。

Windows7の場合
・「ネットワーク」を右クリックで「プロパティ」を開く
・「ワイヤレスネットワーク」を右クリックで「プロパティ」
・「接続の方法」の「構成」を押す
pc


















たとえば上記の場合、Bandwithd Capabilityにて、MIMOにおける帯域幅(20MHzと40MHz)の設定ができる。以下は、ローミング傾向の設定であり、ローミングをどのようにさせるかも設定できる。ローミング


スポンサードリンク

このページのトップヘ